FAQインデックス
導入に関するお問い合わせ
導入後のお問い合わせ
FAQ
導入に関するお問い合わせ
[質問001]
保守サービスはありますか?
[回答]
はい。ございます。
サービスの概要は、以下の通りです。
  • 最新版へのマイナーバージョンアップ
    不具合修正および改善された製品を無償でご提供いたします。適用回数には制限ありません。 製品番号XX.YYのYYが大きくなったマイナーバージョンアップ製品を対象とします。
    (例:バージョン4.01をご購入の場合、4.02が対象となり、5.00は対象となりません。)
  • メジャーバージョンアップの割引販売
    保守契約年数に応じてメジャーバージョンアップを割引価格でご提供いたします。 詳細は年間保守継続ユーザー様のバージョンアップを参照して下さい。
  • お問い合わせ対応
    お問い合わせはEメールで受付け、翌営業日中に何らかの回答を送付いたします。
  • ライセンス追加
    追加前後の製品標準価格の差額で追加販売致します。追加購入金額の合計が1年間の保守契約料を超える場合、保守サービスを終了させていただきます。
  • 不具合の報告
    影響のある不具合が発見された場合、対策版を無償で送付いたします。
[質問002]
評価版はありますか?
[回答]
はい。ございます。 配信サーバとクライアント各1台で利用できます。 こちら で評価下さい。
[質問003]
導入実績は?
[回答]
みんなの外字は約120サイト、20,000クライアントを販売しております。(2015/03/01時点)
[質問004]
クライアントへの外字の配信はどのようにして行われる?
[回答]
マネージャに外字のエディット機能と配信機能を持っています。
外字のエディットを行った後、配信操作を実行するとクライアントへ自動配信されます。
[質問005]
「配信サーバ」を構築するPCのスペックは?
[回答]
みんなの外字のサーバ機能(配信サーバ)を構築するPCは、サーバモデルのコンピュータでなくてもかまいません。
但しサーバコンピュータが停止すると外字の配信が停止するので安定稼動できるコンピュータをご利用下さい。
[質問006]
外字のエディットを複数のユーザで行える?
[回答]
可能です。
マネージャは「配信サーバ」に1ライセンス付属していますので、3ユーザで行う場合、「追加マネージャ」を2本追加購入下さい。

尚、複数のコンピュータで外字エディタ「マネージャ」を同時に起動して外字をエディットすることはできません。
PC-Aでマネージャを起動中にPC-Bで起動すると、
メッセージ ”編集権が取得できません。【占有中 [コンピュータ:PC-A/ユーザ:xxx] 】”が表示されます。 PC-Aのマネージャが終了した後で、PC-Bでマネージャを使用できます。
[質問007]
複数のユーザで外字をエディットした場合、エディット中の外字が上書きされる問題は発生しない?
[回答]
外字フォルダ(外字ファイル、リンク付け情報が格納されている)をネットワークで共有して編集する仕組みになります。 一人のユーザが編集中は排他がかかるので、編集中の外字を他ユーザの編集で上書きしない仕組みになっています。(編集中のPC名とユーザ名がアナウンスされます。)
[質問008]
マネージャを使用せず、今まで使い慣れたWindows添付の外字エディタを使用できますか?
[回答]
可能です。
チュートリアルの「B.Windows添付の外字エディタを使用する」を参照下さい。
スタートメニューの「みんなの外字」−「みんなの外字 ヘルプ」−「チュートリアル」をクリックすると開きます。
[質問009]
今まで使用していた外字を取り込めますか?
[回答]
可能です。
チュートリアルの「A−1.外字の取り込み(マネージャに乗り換え)」を参照下さい。
スタートメニューの「みんなの外字」−「みんなの外字 ヘルプ」−「チュートリアル」をクリックすると開きます。
導入後のお問い合わせ
[質問100]
外字の作成・登録方法が分からない。
[回答]
作成方法の事例を「外字作成 チュートリアル 」からダウンロードしてください。
付属の外字サンプル「みんなのサンプル外字」から検索して登録する方法や、サンプル外字と少しだけ相違(点のあり/なし、線の長さの相違等)のある文字を作成する方法を紹介しています。
[質問101]
外字の編集は「配信サーバ」でしかできないか?
[回答]
製品「追加マネージャ」を使用することで他のコンピュータからできます。
追加マネージャを組み込むコンピュータには、クライアントエンジン「クライアント」または「リモートクライアント」も必要です。
[質問102]
「マネージャ」の操作方法がわからない。
[回答]
チュートリアルの「A.マネージャを使用する」を参照下さい。
スタートメニューの「みんなの外字」−「みんなの外字 ヘルプ」−「チュートリアル」をクリックすると開きます。
[質問103]
「マネージャ」で字体「口」の一部を開ける編集方法は?
[回答]
字体「口」のように2つの輪郭線で形成される場合、輪郭線の結合機能を使用します。
プログラム機能リファレンスの「マネージャ(外字エディタ)」の「編集メニューの機能」の「輪郭線の結合」を参照下さい。
スタートメニューの「みんなの外字」−「みんなの外字 ヘルプ」−「プログラム機能リファレンス」をクリックすると開きます。
[質問104]
「追加マネージャ」を2ライセンス購入しました。外字の編集をこの2台のPCで行うには?
[回答]
中継サーバをご利用の場合、「追加マネージャ」をインストールしたPCで設定が必要になります。
詳しくは設定ガイドを参照下さい。
スタートメニューの「みんなの外字」−「みんなの外字 ヘルプ」−「設定ガイド」をクリックすると開きます。
[質問105]
アプリケーション(例えばWord2003)によってフォント一覧に「MS 明朝(外字)」で表示されない?
[回答]
括弧付きの外字「xxxx(外字)」は、 「外字環境の管理」で「更にフォントとしてインストールする」にチェックを入れた場合に作成される Adobe 社製 Illustrator ご使用の方専用のTrueTypeフォント(TTFファイル)です。 他アプリケーションでは使用する必要はありません。
詳しくはヘルプの「運用方法」の「更にフォントとしてインストールするについて」の章を参照ください。
[質問106]
MSのExcelで外字が表示できない。Wordでは表示できる。
[回答]
Wordで外字が表示できている事から、「みんなの外字」の外字登録は成功していると判断出来ます。
以下参考情報ですが、MicrosoftのHPにOffice製品の外字関連の情報 (タイトル:NewGulimフォントがインストールされていると外字が使用できない)が記載されていましたので、 URLを紹介させて頂きます。
尚、このURLの情報は弊社とは無関係であり、いつ削除されるかは分かりません。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;417636
[質問107]
外字の更新が不安定(「クライアント」の外字が増えたり減ったりする。修正した外字が修正前に戻ってしまう。)
[回答]
「配信サーバ」が複数インストールされている可能性があります。 使用しない「配信サーバ」をアンインストールして下さい。
組み込まれている「配信サーバ」をスキャンする方法は、 インストールガイドの「インストール方法」の「配信サーバをインストール」を参照下さい。
スタートメニューの「みんなの外字」−「みんなの外字 ヘルプ」−「インストールガイド」をクリックすると開きます。
[質問108]
「中継サーバ」のある隣接するサブネットの外字が更新されない。
[回答]
インストール時に設定した「配信サーバ」のアドレス設定が間違っている可能性があります。
「配信サーバ」PCが故障などの原因でIPアドレスまたはホスト名が変更になった場合も同様です。
設定ガイドの「中継サーバの設定」を参照下さい。
[質問109]
「リモートクライアント」の外字が更新されない。
[回答]
インストール時に設定した「配信サーバ」のアドレス設定が間違っている可能性があります。
「配信サーバ」PCが故障などの原因でIPアドレスまたはホスト名が変更になった場合も同様です。
設定ガイドの「リモートクライアントの設定」を参照下さい。
[質問110]
「クライアント数がご購入ライセンス数を超過しました。」のバルーンメッセージが表示され外字が更新されない。
[回答]
購入されたライセンス数を超えて使用されている可能性があります。 ライセンス数と稼動しているPCをご確認下さい。
[質問111]
PC名が変更になって外字の配信が行われなくなった。
[回答]
クライアントPCが故障したため、買い替えて再度 みんなの外字 をインストールしたときなどに発生します。
「クライアント数がご購入ライセンス数を超過しました。」のバルーンメッセージが表示されているはずです。

以下の手順で対応して下さい。
複雑な操作なので慎重に操作して下さい。
以下 1 〜 6 は「配信サーバ」PCでの操作、最後に 7 で問題になっているクライアントPCの再起動になります。
  1. <みんなの外字 インストールフォルダ>\Server\UFAReset.exe を実行して下さい。
    (注)本フォルダには多数のプログラムファイル類が含まれます。間違ってUFAReset.exe 以外を実行すると予期せぬことが発生することがあります。慎重に実行して下さい。
  2. 確認ダイアログ(「みんなの外字」が保持するライセンスアカウント使用履歴をリセットします。よろしいですか?)が表示されるので「OK」をクリックして下さい。
  3. 30秒程度待つと入力を要求するダイログが表示されるので、表示された通りに入力して下さい。
    英字の大文字小文字は区別します。英文字のオー「O」は使用していません。「0」は数字のゼロです。
  4. 入力後、「OK」をクリックして下さい。
  5. 再度確認ダイアログ(「OK」ボタンを押下すると「みんなの外字」のライセンスアカウント使用履歴がリセットされます。本当によろしいですか?)が表示されるので「OK」をクリックして下さい。
  6. 終了の確認ダイアログ(ライセンスアカウント使用履歴のリセット要求を配信しました)が表示されるので「OK」をクリックして下さい。
  7. 上記操作が完了したら、ライセンスエラーが発生した「クライアント」PCを再起動して下さい。
[質問112]
マネージャで配信操作を行ったとき、「[63622]ポートが既に使用されているため、このPCではマネージャ/配信サーバログビューアを使用できません。・・・」と表示される場合がある。
配信サーバログビューアでログの取得を行ったときに表示される場合も同様です。
[回答]
本現象は、http://support.microsoft.com/kb/956188/ で報告されている問題と思われます。
追加マネージャを購入し、他PCにインストールし運用されることをお勧めします。配信サーバを他PCに移行する必要はありません。

本メッセージが表示されるPCで運用する場合、以下対応を実施下さい。
本ソフトウェアが使用するポート番号63621から63629を他アプリケーションが使用しないよう予約設定します。

  1. エクスプローラから<インストールフォルダ>\tools フォルダを開いて下さい。
  2. setDynamicPorts.batを実行して下さい。
  3. 確認メッセージが表示されるので「OK」をクリックして下さい。
    設定内容がコマンドプロンプトに表示されます。
  4. 「処理が完了しました」メッセージが表示されるので「OK」をクリックして下さい。
  5. PCを再起動後、再試行してください。
[質問113]
マネージャで配信操作、および、配信サーバログビューアでログの取得を行ったとき、 「リソースエラー(UDP通信ソケットのbindに失敗しました)(エラーコード:10013)」と表示される場合がある。
[回答]
原因は [質問112] と同じです。バージョン3.01A以前では、本メッセージになります。対応は、[質問112]を参照下さい。
対応プログラム SetDynamicPorts.bat を使用する場合、以下の手順で対応パッチTools.zip を取得し、 <インストールフォルダ>\Tools フォルダ下に展開して下さい。

  1. http://www.ndc-net.co.jp/products/mingai/Tools.zip をダウンロードして下さい。
  2. ダウンロードしたTools.zip を <インストールフォルダ> にコピーして下さい。
  3. Tools.zip を展開して下さい。
    エクスプローラを開き、Tools.zipを選択し、右クリックで「すべて展開(A)」をクリックして下さい。
[質問114]
UAC機能を有効としているWindows Vistaにおいてマネージャで配信操作を行ったとき、「外字環境情報の転送に失敗しました。」が表示されクライアントに外字が配信されない。
(UAC機能を有効としているWindows Server 2008でも同じ現象となります)
[回答]
Windows Vista環境でUAC(ユーザー・アカウント制御)機能を有効にしている場合、 みんなの外字インストールフォルダへの書き込みが制限されるために発生します。

以下のいずれかの対応をお願い致します。
  • 外字フォルダ(*1)にUsersグループの書き込み権限を与えて下さい。
  • UAC機能を無効にして下さい。

(*1)デフォルトではみんなの外字インストールフォルダ\Fonts です。

尚、この現象は、バージョン4.00以降で改善済みです。
Windows VistaでUAC機能を有効にしている場合、インストール後の設定変更に関する注意事項

[質問115]
UAC機能が有効な場合、インストール後に変更した設定内容を保存できず、外字の更新ができない、外字フォルダが参照できない、配信サーバと通信できない等の現象が発生する。
(UAC機能を有効としているWindows Server 2008でも同じ現象となります)
[回答]
以下の(1)〜(3)の設定をインストール後に変更する場合、UAC機能を無効にした状態で行う必要があります。
変更した内容で動作が確認できた後、UAC機能を有効に戻しても問題ありません。

(1)中継サーバおよびリモートクライアントに設定されている配信サーバのアドレスを変更する場合
(2)マネージャの外字フォルダを変更する場合
(3)隣接するサブネットにインストールされたマネージャに設定されている配信サーバのアドレスを変更する場合

尚、この現象は、バージョン4.00以降で改善済みです。
[質問116]
WindowsVista上で外字が正しく表示されない。中国語フォントが表示される。(Windows7でも同じ現象が確認されています)
[回答]
Windows Vista 上の 2007 Office プログラムまたは Office 2003 プログラムで外字 (EUDC) が中国語フォント MingLiU_HKSCS の文字に置き換えられる問題の可能性があります。 詳細は、マイクロソフトのサイトを参照下さい。
尚、このURLの情報は弊社とは無関係であり、いつ削除されるかは分かりません。
http://support.microsoft.com/kb/930276/ja
[質問117]
(みんなの外字で配信された)外字の”読み”が、IMEに学習させた読みよりも常に優先される。
[回答]
単語の登録で品詞に「単漢字(その他自立語)」を選択した場合、IME2007でこの現象が確認されました。
IME2007、IME2010では品詞から「単漢字(その他自立語)」がなくなり、「短縮語(短縮よみ)」で登録されるようになりました。 「短縮語(短縮よみ)」は、IMEに学習させた読みよりも常に優先される品詞であるために、ご指摘の結果になったものです。
品詞別の調査結果を参考資料として掲載します。
[質問118]
みんなの外字で配信された外字の”読み”が、クライアントまたはリモートクライアントに登録されない。
[回答]
IMEが2つ以上組み込まれている場合に本現象が発生する場合があります。

配信された単語は、新しいIMEの辞書にだけ登録される仕様ですので、例えば、Windows 7 にMicrosoft Office 2010をインストールされ、OSに添付されている古いIMEとOffice 2010のIME 2010が組み込まれている場合、新しいIME 2010を既定設定する必要があります。
古いIMEが既定設定されている場合、以下の変更を行って下さい。

(変更方法)
「テキスト サービスと入力言語」ダイアログの全般タブを開き、既定の言語に古いIMEが既定設定されている場合、新しいIMEに変更して下さい。

「テキスト サービスと入力言語」ダイアログの表示方法
(尚、ご利用のOSおよび設定等によって異なる場合があります。)
  • Windows 7 の場合、コントロールパネルの「キーボードまたは入力方法の変更」をクリックすると開く「地域と言語」ダイアログの「キーボードと言語」タブの「キーボードの変更」をクリックすると開きます。
  • Winodws XP の場合、コントロールパネルの「地域と言語のオプション」を開き、「言語」タブの「詳細」をクリックすると開きます。
[質問119]
外字の配信を実行しても最後の修正が反映されない。
[回答]
CPDを編集および保存後、編集したCPDがリンクされていない状態で配信を実行されてしまうと、その後外字のリンク付けを行い再度配信をしても外字の更新が不要と判断してしまうために発生します。

本現象が発生した場合は、以下の操作で対応下さい。
(1)編集したCPDをリンクする。
(2)CPDを再度保存(変更は不要です)
(3)外字の配信

尚、この現象は、バージョン4.05以降で改善済みです。
[質問120]
インストールを開始すると、「1607:InstallShield Scripting Runtime をインストールできません」というメッセージが表示されてインストールができない。
[回答]
ウィルス対策ソフトがインストールされている場合は、一時的に無効してからインストールを実行して下さい。
[質問121] (2017/05/22)NEW
Windows 10で外字が表示されない。
[回答]
2017年5月10日にMicrosoftよりリリースされました更新プログラム「KB4019472」をインストールすると外字が使用できない問題を確認しています。

[対象となるWindows10]
バージョン:1607
OSビルド:14393.1198

2017/6/15更新
いずれかの方法を実行して下さい。
・ Windows 10 1607用の更新プログラム『KB4023680』を適用する。
・ Windows 10 Creators Update(ビルド1703)へ更新する。

現在のところ、以下の解決方法があります。
・ Windows 10 1607用の更新プログラム『KB4019472』をアンインストール
・ Windows 10 Creators Update(ビルド1703)へ更新する。

いずれかの方法で対応して頂くか、マイクロソフトからの更新プログラムのリリースをお待ち頂くしかございません。